介護事業開業 設立 指定申請 市川市 立ち上げ 格安 総合支援

市川市は千葉県の北西部に位置しています。市川市の人口は約47万人で、千葉県内では千葉市、船橋市、松戸市に次ぎ、4番目に人口の多い市です。

 

 市川市の総人口のうち65歳以上の高齢者の数は約8万2千人で全体の約17%です。市川市の高齢化率は近隣市町村と比較して高くはありませんが、住民の所得水準の高い市川市ではより質の高い介護サービスが求められると考えられます。

 

 

 市川市で介護事業の開業を考えられている方、

すでに介護事業の経営をされている方へ 

次のような悩みはありませんか?困った

 

 

  • 介護事業事務所の面積の最低基準はあるの?
  • 訪問介護事業を開業するのに、何人のスタッフが必要なの?
  • 訪問介護事業の指定基準をどう満たせばいいの?
  • 介護スタッフの教育はどうしたらよいの?
  • 介護事業指定申請の要件を満たす会社設立はどうすればいいの?
  • 突然実地指導が入ることになったがどうすれば良いの?

 

下へ進む

介護事業開業経営相談室がすべて解決します!

おまかせください

 

税理士・会計事務所 顧問料 格安 9,600円〜(記帳代行含む)


 

介護事業会社の設立は専門の設立代行事務所へ

介護事業の指定申請の要件を満たす会社設立が必要になります。

 

介護事業の指定申請の経験のない行政書士が会社設立を行った場合には目的欄が不備で、そのままでは指定申請ができなくなる場合がありますので、専門の行政書士に会社設立を依頼することが必要です。 

 

介護事業を継続していくためには、一般会社と同じ様に一定の利益を確保しなければなりません。いつも赤字続きでは、立派な経営理念があっても介護事業所を継続していくことはできません。介護事業の運営という考えから「介護事業の経営」に考えを切り替える必要があります。それには収入の確保、戦略的な経費の使い方が必要になります。

 

 まず、事務所の開業と同時に一定の介護報酬を確保できる体制を築いておくことです。 そのためには、介護事業所のオープン前から全職員が一丸となって地域住民への営業活動を展開することが必要です。 

 

また、ホームページによる集客はもちろんのこと、地域の利用者に知ってもらうための営業活動や外部のケアマネージャーへの介護事業所のメリットの説明も必要です。

 

 固定費をまかなうためには収入がいくら必要なのか。利用者が何人であれば損益分岐点を上回ることができるのか。介護事業も事業計画に基づいて先見経営やキャッシュフロー経営の考え方を取り入れていくことが必要です。 

 

また、介護事業特有の助成金や創業融資をうまく活用することにより、資金繰りを楽にする方法もあります。

 

 介護事業開業経営相談室では、資金繰りを考えた事業計画の作成、介護事業者向け助成金の申請、介護事業に合った会社設立、経理、介護会計による決算、税務署への届出、税務申告を介護事業に詳しい税理士、社会保険労務士、行政書士が総合的にサポートいたします。

 

市川市の概要

市川市は江戸川を挟み東京都と隣接しているほか、松戸市、船橋市、鎌ヶ谷市、浦安市、と隣接していて、ベッドタウンとして発展してきました。 

 

市川市内にはJR総武線、武蔵野線、京葉線、東京メトロ東西線、京成線、都営地下鉄新宿線、北総線が通っています。市川駅、本八幡駅、行徳駅、国府台駅などは市川市内の主要な駅になります。

 

 市川市内の図書館は中央図書館、行徳図書館、市川駅南口図書館、平田図書館などがあります。

 

介護事業設立経営相談室は介護事業の開業、設立、立ち上げ、指定申請と、介護事業の経営や介護事業の会計(介護会計)、税金の申告を、介護事業に詳しい専門の税理士、会計事務所、社会保険労務士がワンストップで総合的にサポートします。

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

▲このページのトップに戻る