板橋区の介護事業 開業 会社設立 立ち上げ 指定申請 税務会計

板橋区は東京23区の北西部に位置しています。板橋区は人口約53万人でそのうち65歳以上の高齢者の占める割合は約10万人です。

 

板橋区は東京23区の中でも人口、高齢者数共に高い値になっています。板橋区の高齢者数は増加を続けており、介護の問題と向き合う世帯が増加していくことが考えられます。

 

これによる介護事業者の需要も増加していくことと考えられます。

 

 

 板橋区で介護事業をされている方で 

次のような悩みはありませんか?困った

 

 

  • 介護報酬が改定された場合の有利な運営方法は?
  • 労働基準法に違反しない就業規則の作成のポイントは?
  • 介護の運営基準を満たす会計処理方法は?
  • 介護事業開設後にはどんな手続きが必要なの?
  • どんな種類の介護サービスが開業しやすいのか?

 

下へ進む

介護事業開業経営相談室がすべて解決します!

おまかせください

 

税理士・会計事務所 顧問料 格安 9,600円〜(記帳代行含む)


 

介護事業会社の設立は専門の設立代行事務所へ

介護事業を始めるには法人を設立し指定事業者になることが必要です。

 介護事業は介護サービスの種類に応じて報酬の単位が定められています。

この報酬の単位に報酬単価を乗じることによって報酬金額が決定されます。 

 

この報酬単価は地域区分ごとに異なり、特別区、特甲地、甲地、乙地、その他と区分されています。一般的には都市部ほど報酬単価は高くなります。報酬単価の高い地域と、家賃とを比較のうえ事業所の設置場所を考えることも必要です。 

 

また、介護スタッフの最低賃金や長時間労働等の問題もありますので労働基準法に違反しないよう介護事業に精通した社会保険労務士に介護事業に適応した就業規則の作成を依頼することも必要です。 

 

当介護事業開業経営相談室では、指定申請がおりるまでのスタッフの費用や、開業後6ヶ月から1年を介護スタッフにも満足してもらえる給与を支払い、全体として費用を抑えるための実践的なノウハウもあります。 

 

当介護事業開業経営相談室は介護事業に精通した専門の社会保険労務士と税理士、行政書士が連携して介護事業を総合支援します。

 

 介護会計基準にあった会計税務顧問を毎月9,600円から承っています。 

お気軽に介護事業開業経営相談室にご相談ください。

 

板橋区の概要

板橋区は北部が低地で南部は台地となっています。板橋区の北端は埼玉県との県境となっていて、荒川を超えると埼玉県に入ります。

 

板橋区にはJR埼京線がとおり、板橋駅、浮間舟渡駅などは、区内の主要な駅です。板橋区の鉄道のその他の駅は、都営地下鉄三田線では新板橋駅、高島平駅などがあります。

 

 板橋区は江戸時代に中山道、川越街道の整備に伴い宿場町として繁栄しました。板橋区はその後の明治時代に軍事工場設立されたことなどをきっかけに荒川沿いに近代工業が発展しました。

 

板橋区は戦後に光学、精密機器の製造業が発展し、現在では印刷関連産業が多く営まれています。

 

介護事業設立経営相談室は介護事業の開業、設立、立ち上げ、指定申請と、介護事業の経営や介護事業の会計(介護会計)、税金の申告を、介護事業に詳しい専門の税理士、会計事務所、社会保険労務士がワンストップで総合的にサポートします。

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

▲このページのトップに戻る