荒川区の介護事業 開業 会社設立 立ち上げ 指定申請 税務会計

荒川区は東京23区の北東部に位置しています。

荒川区の総人口20万人のうち高齢者の占める割合は22.5%で東京23区の中でも3番目に高い割合となっており、介護問題と向き合う世帯は今後さらに増加していくことが考えられます。

 

荒川区の介護事業者の需要もこれに伴い増加していくことが予測されます。

 

 

 荒川区で介護事業をされている方で 

次のような悩みはありませんか?困った

 

 

  • 介護事業の許認可の要件は?
  • 訪問介護事業の指定基準をどう満たせばいいの
  • 介護スタッフの就業規則作成のポイントは?
  • 介護スタッフの教育はどうしたらよいの?
  • 利用者を増やして収入を増やすのに有効な方法は?
  • 介護事業の市場はこれからどんどん成長するの?

 

下へ進む

介護事業開業経営相談室がすべて解決します!

おまかせください

 

税理士・会計事務所 顧問料 格安 9,600円〜(記帳代行含む)


介護事業は、社会的に貢献度が高く人から感謝され、やりがいがある仕事です。

しかし一方、重労働、低賃金というイメージを持たれている方が多いのも事実です。 

 

介護事業スタッフの賃金を補うために、介護職員処遇改善交付金をはじめ助成金等のさまざまな支援が行政により行われています。 これらの交付金や助成金は大いに活用することが必要です。

 

しかし、行政の行うこれらの施策は、申請等の期限の遵守が求められます。また、一定の手続きの順序に誤りがあったため、受給できない助成金もあります。

 

専門家の事前相談と介護事業開業前の相談が大切です。 また、有能な介護スタッフに定着してもらうためにも、魅力的な就業環境を作ることが必要です。介護スタッフにも満足してもらえる給料を支払いながら、介護事業を継続していくためには一定の利益の確保が必要です。

 

介護事業会社の設立は専門の設立代行事務所へ

介護事業は事業のサービスによっても異なりますが、介護スタッフ等の人件費と家賃が費用の多くを占めています。

 

 固定費をまかなうためにはいくらの収入が必要なのか。利用者が何人になれば損益分岐点を上回ることができるのか。介護事業も事業計画に基づいて先見経営やキャッシュフロー経営の考え方を取り入れていくことが必要です。 

 

また、ホームページによる集客はもちろんのこと、地域の利用者に知ってもらうための営業活動や外部のケアマネージャーへの介護事業所のメリットの説明も必要です。

 

 介護事業開業経営相談室では介護事業の会社設立、開業、立ち上げのサポートから介護会計に基づく会計処理や税務申告、利用者増加のための営業のサポートまで税理士、社会保険労務士、行政書士、経営コンサルタントが連携して総合サポートをいたします。

 

 税務会計顧問の業界最安値、格安9,600円から承ります。

 

荒川区の概要

荒川区は東京23区の中で3番目に面積が小さく、北側の区境は隅田川に一致します。荒川区内はほぼ低地で平坦ですが、日暮里の一部は山手台地となっています。

 

 荒川区はかつて農村でしたが、明治時代以降、荒川の豊富な水を利用し工業化が進みしたが、現在では工場跡地を利用した再開発が進められています。 

 

荒川区の日暮里駅は舎人ライナーの始発(終着)駅です。荒川区の日暮里駅の周辺には懐かしい趣を残す店舗の立ち並ぶ谷中商店があります。荒川区内の繊維街は服飾関係の仕事を目指す人々や、手芸をする主婦の方の集まるスポットになっています。

 

介護事業設立経営相談室は介護事業の開業、設立、立ち上げ、指定申請と、介護事業の経営や介護事業の会計(介護会計)、税金の申告を、介護事業に詳しい専門の税理士、会計事務所、社会保険労務士がワンストップで総合的にサポートします。

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

▲このページのトップに戻る