葛飾区の介護事業 開業 会社設立 立ち上げ 指定申請 税務会計

葛飾区は東京23区の東側に位置しています。葛飾区の総人口は約44万人でそのうち65歳以上の高齢者の占める割合は約6万6千人です。葛飾区の高齢化率は約22%前後で、東京23区内でも高い数値です。

 

葛飾区は人口構成を平成10年と比較すると、総人口が約42万人であったのに対し高齢者数が6万5千人であったことから、近年急速に高齢化が進んでいると考えられます。 葛飾区内の介護問題は今後増加し、介護施設の需要も増加していくことが考えられます。

 

 

 葛飾区で介護事業をされている方で 

次のような悩みはありませんか?困った

 

 

  • 訪問介護とデイサービス どちらが採算がいいの?
  • 福祉用具貸与事業の成功のポイントは?
  • 介護事業は個人ではできないの?
  • 介護事業を始めたいが資金調達が不安だ
  • 異業種から介護事業に参入したいがどうすればいいの?

 

下へ進む

介護事業開業経営相談室がすべて解決します!

おまかせください

 

税理士・会計事務所 顧問料 格安 9,600円〜(記帳代行含む)


介護事業会社の設立は専門の設立代行事務所へ

葛飾区で異業種から介護事業に算入される場合の総合サポートをいたします。

 

 整骨医院、接骨医院や医療法人、建設会社等から介護事業参入される方も増えています。 訪問介護とデイサービス、どちらが採算がいいかという質問をよく受けます。

 

初めて介護事業に参入され、多額の資金も準備できない場合は訪問介護事業から始められるのが良いと思います。他の業種で成功され、資金的にも余裕のある場合には、デイサービスから始められる事業者の方もいらっしゃいます。それぞれ一長一短がありますので、比較検討することが必要です。

 

 介護事業を始めるにあたって、複数の指定申請を同時に行い、福祉用具貸与事業も始められる場合もあります。ただし、管理責任者等の一定の人員がそろっていることや、福祉用具の保管場所等も確保することが必要になります。 

 

当介護事業開業経営相談室では、訪問介護事業、通所介護事業、居宅介護支援事業、福祉用具貸与販売事業等を会社設立の段階からサポートし、介護保険法による指定を受けてきた多数の実績があります。

 

また、介護事業所の指定後の銀行借入や助成金、就業規則の作成、介護会計に基づく決算書の作成、税務申告書の税務署への提出、実地指導対策、税務調査対策等も含め、介護事業者様を総合的にサポートいたします。

 

葛飾区の特徴

葛飾区内の主要な駅はJR総武線の新小岩駅、常磐線の亀有駅、金町駅、京成線の高砂駅、青砥駅などがあります。葛飾区内を走る主要な道路は国道6号線、環状七号線(環七通り)、千住新宿町線、柴又街道、首都高速道路中央環状線などです。

 

 葛飾区には江戸時代より名所として知られ、6月中旬ごろに見ごろを迎える堀切菖蒲園や都内で唯一の水郷地帯である水元公園など多くの人が訪れる庭園があります。

 

 葛飾区内には柴又帝釈天に代表されるように、葛西神社、万福寺など多くの人が参拝に訪れる寺社仏閣が多数あります。葛飾区内の柴又、亀有は有名な映画や漫画の舞台となっていることでも知られています。

 

介護事業設立経営相談室は介護事業の開業、設立、立ち上げ、指定申請と、介護事業の経営や介護事業の会計(介護会計)、税金の申告を、介護事業に詳しい専門の税理士、会計事務所、社会保険労務士がワンストップで総合的にサポートします。

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

▲このページのトップに戻る