豊島区の介護事業 開業 会社設立 立ち上げ 指定申請 税務会計

豊島区は東京23区の北西部に位置しています。豊島区の総人口は約24万6千人でそのうち高齢者の数は約5万1千人を占めています。豊島区の総人口は平成元年と比較して大きく変化していませんが、当時の高齢者の数は約3万1千人でしたので急速に高齢化が進んでいると言えます。

 

池袋から2駅の巣鴨は「おじいちゃん、おばあちゃんの原宿」とも呼ばれています。豊島区では高齢化の進行に伴い、介護問題の増加、介護事業者の需要の増加が予想されます。

 

 

 豊島区で介護事業をされている方で 

次のような悩みはありませんか?困った

 

 

  • 介護事業開始までの手続き・スケジュールを知りたい。
  • 介護事業の立ち上げ準備中のスタッフの人件費と家賃が心配
  • 介護事業会社設立後2ヶ月間の固定費削減法はないの?
  • 介護事業開業には運転資金はいくら必要なの?
  • 創業融資をしてくれる銀行を紹介してほしい。

 

下へ進む

介護事業開業経営相談室がすべて解決します!

おまかせください

 

税理士・会計事務所 顧問料 格安 9,600円〜(記帳代行含む)


介護事業会社の設立は専門の設立代行事務所へ

介護事業(訪問介護、通所介護、福祉用具貸与、介護タクシー等)を開業する場合、介護事業の指定を受けることが必要です。 それには、介護会社を設立するときから、介護事業の指定申請をする介護事業について、定款の目的の中に記載しておくことが必要です。

 

 会社を設立してから介護事業の指定申請をする段階になって、定款の目的に介護事業の指定申請に必要な文言が入っていなければ、事業目的を追加しなければならなくなります。それには費用も追加で必要になってしまいます。

 

当介護事業開業経営相談室では、介護事業の指定申請を前提に介護会社の設立を行い、同時に助成金や融資借入についても検討いたします。

 

助成金も介護会社を設立する前に、一定の手続きを行っておかないと受給することが出来なくなる助成金もあり注意が必要です。

 

 また、介護事業の指定申請に際して、就業規則の提出も求められますので、労働基準法に合った就業規則を作成しておくことも必要です。

 

 当介護事業開業経営相談室では、介護事業の開業立ち上げ、会社設立、指定申請までワンストップで総合支援いたします。 また、介護事業を開業後数年経過すると行われる実地指導や税務調査対策も行います。 実地指導は、介護会計に基づいて適切な会計処理がなされているかも指導の対象となります。

 

 一般的な税理士(会計事務所)では介護会計の基準に従った会計処理がなされていない場合がほとんどですので、専門の税理士に依頼することが必要です。

 

豊島区の特徴

池袋は豊島区の中心です。豊島区の池袋駅には、JR山手線、埼京線、東京メトロ丸の内線、副都心線、東武東上線、西武池袋線が乗り入れ副都心化しています。豊島区の池袋駅周辺には、西武池袋店、東武池袋店、パルコ等のファッションビルやヤマダ電機、ビックカメラなどの家電量販店など大型商業施設が立ち並んでいます。

 

豊島区(池袋)のシンボルともいえる超高層ビル、サンシャイン60の中にはサンシャインシティ水族館や遊園地などがありテーマパーク化されています。 豊島区(池袋)は多くの商業施設の並ぶ、繁華街のイメージがありますが、池袋周辺には有名人が眠る雑司ヶ谷霊園の他、鬼子母神や護国寺といった歴史的建造物も多く残されています。

 

また、豊島区(池袋)には東京芸術劇場や、立教大学といった文化的な施設もあります。 豊島区(池袋)は、区内のほぼ全域が武蔵野台地上に位置しており、台地面は小河川や他の水路などによって削られ、大小の谷地が複雑に形成されています。

 

介護事業設立経営相談室は介護事業の開業、設立、立ち上げ、指定申請と、介護事業の経営や介護事業の会計(介護会計)、税金の申告を、介護事業に詳しい専門の税理士、会計事務所、社会保険労務士がワンストップで総合的にサポートします。

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

▲このページのトップに戻る