新宿区の介護事業 開業 会社設立 立ち上げ 指定申請 税務会計

新宿区の人口は約32万人、そのうち65歳以上の高齢者の数は約5万9千人です。5年前の高齢者の数は約5万4千人でしたので、人口の増加に伴い高齢者の数も増加しています。

これにより、介護施設が不足し介護問題が増加していくことも考えられます。

 

 

 次のような悩みはありませんか?困った

 

 

  • 介護事業の創業資金はどのように借りればいいのか?
  • 介護スタッフはどのように集めたらいいの?
  • 介護事業の不動産賃貸契約の注意事項は?
  • 立地条件は収入に関係するの?
  • デイケアとデイサービスの違いは何でしょうか?

 

下へ進む

介護事業開業経営相談室がすべて解決します!

おまかせください

税理士・会計事務所 顧問料 格安 9,600円〜(記帳代行含む)


東京都内 新宿区の介護事業の開業、設立、立ち上げ、指定申請と、介護事業の経営や介護の会計(介護会計)、税金の申告を、介護事業に詳しい専門の税理士、会計事務所、社会保険労務士が総合的にサポートします。

介護 税金、会計顧問料 高品質なサービスを低料金(格安)価格で9,600円から承ります。

 

介護事業の指定申請の前に必ず確認すること

新宿区で介護事業を開業する場合、法人格が無ければ介護事業の指定は受けられません。

原則として個人事業主では、介護保険の指定事業所になれません。 会社を設立する場合も、役員の構成、資本金の割合、その他定款の記載事項についても指定申請や助成金を考慮して作成することが必要です。 介護事業に精通した会社設立代行事務所を選ぶことが大切です。

 

介護事業のサービス内容の選択

介護事業を始める場合、訪問介護事業所、通所介護事業所、居宅介護支援事業所から始められる方が多いと思います。

また、通所介護事業所は、訪問介護事業所と比較して設備等に費用もかかることから、利用者をある程度見込めることが必要です。

 

設備費や人件費、家賃等の固定費が比較的多いため、損益分岐点が高くなります。

介護事業を初めて開業される方は、訪問介護事業所から始められる方が多いと考えられます。

それでも社員を2〜3人は雇わなければならず、最初の3ヶ月近くは入金が無いため、ある程度の資金的余裕が無いと行き詰ってしまいます。

 

介護事業と労務管理

介護で働く人達は、ヘルパーをはじめ、事務職と様々な職種が有り、また契約形態も月給制、日給月給、登録型と様々です。

 

長時間労働や夜勤等が有り、9:00〜5:00までなどという勤務ではありません。労働基準法に違反しないよう、介護事業に詳しい社会保険労務士が就業規則を作成します。

 

また、合わせて助成金の申請代行もいたします。

 

介護事業と税理士、会計事務所

介護事業は、運営基準でも定められているように、介護の会計基準(介護会計)によって各介護事業所ごと、介護サービスごとに計算数値を明らかにしなければなりません。

 

また、一般営利事業とは異なり、独自の勘定科目もあります。特に経費の按分については、複雑で時間とコストもかかります。

 

税理士、会計事務所でも介護会計に詳しい事務所は非常に少ないのが現状です。 消費税、印紙税、法人税等の税金に関しても、特有な問題があるため、介護事業に精通し、専門的知識を有する税理士、会計事務所に依頼することが必要です。

 

従来介護会計、介護税務専門の税理士は、報酬の高いところも多く、資金的に厳しい介護事業所では依頼できないことが多かったと思います。

 

当介護事業開業経営相談室の代表者は税理士でもありますので、社会的に有意義な介護事業を支援するため、高品質な税務会計顧問を格安料金で9,600円から承ります。 新宿区で介護事業所の指定申請や、会計事務所、税理士をお探しの方は、ぜひご連絡下さい。無料相談実施中です。

 

新宿区の特徴

新宿駅は世界で最も乗降者数の多い駅も言われています。

JR山手線、中央線、埼京線、総武線など主要な各線に加え東京メトロ、都営各線、京王線などが乗り入れ、新大久保、高田馬場、四谷、早稲田、市ヶ谷、飯田橋など新宿区内の要所を結んでいます。

 

新宿区の地形は台地と低地からなり、豊島台地、淀橋台地、下町低地に分けられます。各台地の間に下町低地が入り組んでいます。最も標高の高い地点は、戸山公園の44m。台地は、おおむね30mの高台で、最も低い地点は飯田橋付近の4.2mです。

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

▲このページのトップに戻る