介護事業の有利性

 

日本は高齢化社会に突入し、2025年まで高齢者人口は増大し、介護市場が拡大していきます。

特に都市では、高齢者の独居世帯が急増することが予想されます。高齢者単身世帯が急増することによって、介護サービスは、需要が急増することは間違いないと考えられます。

このように市場が急増していれば、経営の仕方によって成功するチャンスが多くあることになります。

 

 

 

 

介護事業は早く開業することが重要

 

高齢者の割合も高くなり、国および地方の財政状態は厳しく、社会保障の財源は限られています。

したがって介護事業者が一定の数に達してしまえば、介護指定基準の申請のハードルを上げることにより、介護事業者の新規参入が厳しくなることも予想されます。

 

介護報酬額の1人当たりの金額を減らしたり、利用者負担が1割から2割、3割と上がってくことも予想されます。

すでに市町村等では、地域密着型の介護施設について極めて限定的にしか認めない例もでています。

今がまさに介護事業を開業、起業し、事業に新規参入するチャンスとも言えます。すぐ参入して、ノウハウを早く構築することも必要です。

 

 

 

介護事業 開業サポート


訪問介護事業

居宅介護支援事業

通所介護・デイサービス

 

介護タクシー

福祉用具貸与販売

介護事業助成金


 

 

 

介護事業開業 経営相談室 へ お気軽にご相談ください

 

介護事業開業経営相談室では、介護事業の開業、法人設立、指定申請等の立上げ、助成金の申請から、介護事業の経営が開始されてからの会計処理(介護会計)、決算書の作成、税務申告、実地指導まで専門の税理士、会計事務所、社会保険労務士が一体となってサポートします。介護事業開業の相談は、介護事業開業経営相談室までお気軽にご相談下さい。

 

 

043-224-3618

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る