介護会計 税金

 

特徴5 介護事業特有の介護会計や税金節税対策も完璧
  しかも
格安9600円から <全国対応

 

介護事業者は、運営基準に定められているような介護会計基準(介護会計)に基づいた会計処理を行うことが要求されています。

社会福祉法人等のサービス事業者は社会福祉法人会計基準や、医療法人等のサービス事業者は介護老人保健施設会計を基本として会計を行えば、介護会計の要件を満たすことになります。

 

株式会社、合同会社も介護会計の適用が必要

 

(営利法人の)会計基準で処理していないか注意することが必要です。

株式会社、合同会社等の一般営利法人の介護事業参入が大幅に増えましたが、介護会計基準に対しての理解が不足し、一般の財務諸表、決算書、試算表しか作成されていないのが現状です。この点に関して、実地指導において改善を求められる事案が増えています。

当介護事業開業経営相談室でも、介護会計を知らない税理士、会計事務所に依頼して、今まで決算税務申告を行っていたが、「実地指導」が入ることになり、急遽、介護会計に基づく決算書類の作成を依頼される案件が増えています。

 

介護事業所の特有の税金問題

 

介護事業所等には、特有の専門性を有する税務知識に対応出来ないため、余分な税金を支払っていたり、過大解釈により支払わなければならない消費税を非課税として処理した結果、税務調査で否認されてりしている例が増えています。

株式会社、合同会社等の介護事業参入は、まだ歴史が浅いため、介護事業に特有の税金問題(法人税、消費税、印紙税、源泉所得税)に対応出来る税理士や、会計事務所が少ないことが挙げられます。

当介護事業開業経営相談室では、介護会計や介護事業特有の税金にも精通した税理士、会計事務所が専門知識を持って対応させていただきます。 しかも、社会的に重要な役割を担っている介護事業者を支援するため、全国統一で9,600円〜という格安顧問料で対応いたします。

介護事業者の会計基準(介護会計)や税金問題のご相談は、介護事業開業経営相談室までお気軽にご相談下さい。無料相談実施中です。東京、千葉、神奈川、埼玉の首都圏以外でも、全国対応可能です。

 

 

お問い合せ電話案内

▲このページのトップに戻る