介護事業の就業規則

介護事業にとっては、労働基準法を遵守することが強く求められています。労働基準法に準拠した就業規則の作成は必須です。 介護事業の指定申請の際にも必要です。

 

介護事業の取消と労働法律違反を防ぐ方法

介護事業では、ヘルパー(訪問介護登録ヘルパー)、介護福祉士、ケアマネージャーを始め、事務や経理を行う間接部門の従業員まで、様々な人達が就労します。

介護事業は重労働で勤務時間が長く、その割には給与が低いと、一般的に言われています。
勤務時間や待遇等を巡って、労使のトラブルも起こりやすい業種です。
また、人の出入りも多く、これらが経営に対して影響を与えます。
従業員がやりがいを感じ、働きやすい職場にするための就業規則の作成をいたします。

介護事業に詳しく、専門的に介護事業の就業規則を作成している社会保険労務士が経営者の希望を十分に反映させた就業規則の作成をいたします。

労働に関する法律の規定等により、罰金刑に処せられその執行を終わるまでの者、または執行を受けることがなくなるまでの者は、介護サービス事業の指定をしてはならない、さらに指定の取消を行うことが出来るとされており、非常に注意を要します。

 

入所型介護施設での注意点

特にグループホームや老人ホーム等の入所型介護施設では重要です。
入所型の施設では夜勤等の勤務をした後に、2日連続して勤務する形態が見られますが、労働基準法では原則として1日分と考えるため、2日目の勤務は全部残業扱いとなってしまいます。

したがって、賃金を大幅に割増して支給しなければなりません。このようにならないために規定と変形労働時間によって防ぐことが可能です。

 

登録ホームヘルパーの就業規則、契約書

登録ヘルパーは労働問題の誤解等、トラブルの発生する可能性が高いので、就業規則を作成することが重要です。 また、労働基準監督署の調査の際にも登録ヘルパーが問題になることが多いため、雇用形態に対して明確にしておくことが必要です。

 

お問い合せ電話案内

▲このページのトップに戻る