短期入所生活介護(ショートステイ) 建物購入時の資金の調達と経理処理

Q.png

 

私は、介護事業者として今まで約20年従事して参りました。

この度、今までの経験を生かし、千葉市稲毛区に介護会社を設立しました。短期入所生活介護(ショートステイ)を目的とした事業所です。

短期入所生活介護施設の場合、建物の準備が必須です。資本金は500万円で会社を設立しましたが、まだ資金が足りません。どのようにしたら融資先を知ることができるのでしょうか。また、私の自己資金も少しありますので、会社に貸そうかと考えていますが、書類の作成や経理処理について、不明な点が多く、サポートをお願いしたいです。

千葉の介護事業開業経営相談室では、立ち上げサポートをしてくださるとのことでしたが、会社を設立した後のこのようなご質問にお答えいただけるのでしょうか。

 

A.png

 

<短期入所生活介護(ショートステイ)とは・・・>

  • 福祉施設などに短期間だけ入所して利用できます。家で介護している家族の負担を軽くし、休養することでストレスを解消する目的で利用することも可能です。
  • 必要な援助やケアの内容によって、生活介護と療養介護に分かれます。

 

生活介護は自立している利用者向けで、日常生活や介護のお世話、レクリエーションなどを行います。

療養介護は看護や機能訓練などが必要な方へのサービスです。

 

千葉の特別養護老人ホームに併設されている短期入所生活介護(ショートステイ)を利用されている方からはこのようなお話を伺いました。

 

「ショートステイは、利用者の体調が変化して家での介護が難しくなった場合や、家族が急病になり留守にするなど、緊急の時に利用できると聞いたのですが、実際はベッドの数の関係で、数か月前から予約をとらないとならない。」

それだけ短期入所生活介護(ショートステイ)を必要としている方は多いようです。

 

さて、ご質問の回答ですが、融資の相談をするなら、顧問税理士などに相談することが良いと考えます。顧問税理士に相談しながら、計画性のある事業計画書を作成し、日本政策金融公庫などの金融機関を紹介してもらうと良いでしょう。

あなたの会社の顧問税理士であれば、会社の内情も知っています。このような専門家に相談することにより、机上の空論ではない、実態を見据えた事業計画書ができると考えます。

 

また、代表者が会社にお金を貸し付ける場合は、金銭消費貸借契約書を作成する必要があると考えます。たとえあなたが代表者の会社であっても、法人と個人は別人格ですので、きちんと契約と結ぶべきと考えます。

金融機関から借りた場合も、個人から借りた場合、経理処理は、(借方)現金預金 (貸方)借入金で行います。

ただし、誰から借りた借入金がいくら残っているか、常に把握しておかなくてはなりませんので、会計システムなら補助コードをつけるなどの工夫が必要です。

 

千葉の介護事業の開業や、経理、税務、経営、開業後の帳簿の作成の仕方、実地調査などに関してのご相談は、専門家である、介護事業開業経営相談室までお気軽にお問合せ下さい。電話043−224−3618。お電話お待ちしております。

▲このページのトップに戻る