介護事業開業 杉並区、高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪 設立 指定申請 税務会計 決算申告

杉並区は東京23区の西部に位置しています。杉並区の総人口は現在52万人です。杉並区の総人口のうち65歳以上の高齢者は10万3千人で約19%を占めています。

 

杉並区の人口はここ数年増加傾向にあり、それに伴い、高齢者数、高齢化率ともに増加しています。杉並区では今後、介護問題が増加し、介護事業者の需要が高まることが予想されます。

 

 

 

 杉並区で介護事業の開業を考えられている方、

すでに介護事業の経営をされている方へ 

次のような悩みはありませんか? 困った

 

 

  • 介護サービスの利用者を早く増やすにはどうしたらよいの?
  • 一般的な行政書士に依頼して会社設立したら指定申請の際に定款の目的の追加をしなければならなくなった
  • 介護会計基準による会計処理をしていなかったので実地指導で指摘された。
  • 勤務時間が長く、介護スタッフと労働基準法違反だとトラブルになった
  • 銀行融資を受ける際の事業計画の作り方がわからない

 

下へ進む

介護事業開業経営相談室がすべて解決します!

おまかせください

 

税理士・会計事務所 顧問料 格安 9,600円〜(記帳代行含む)


 

介護事業会社の設立は専門の設立代行事務所へ

介護事業などの福祉の分野で、経営という考え方を持ち込むことは今まで敬遠されていたように思われます。 経営は金もうけで福祉にはなじまないという考え方が根底にあると思います。しかしながら介護事業者も適正な利潤を確保しなければ介護事業所の運営を継続していくことはできません。 

 

適正な利益があって始めて、介護スタッフの賃金アップ等の職員の待遇の改善や事務所の改装、設備投資が可能になります。介護スタッフの満足や職場への定着なくしてより良い介護サービスを提供することはできません。そのためにも利用者の増加や適正利益を確保するための事業計画に基づいた介護経営が必要になります。

 

 利用者を増やすための具体的な行動プランや効率的な営業も必要です。 また、全体の費用を抑えながら介護スタッフ1人1人には満足してもらえる給与を捻出するためにはどのような点を考慮すべきか等、戦略的に考えることも必要です。 

 

介護事業は介護保険法に基づいて運営や人員配置に対して様々な基準が設けられています。 また、事業の収入や支出についても、各サービスごと、各事業所ごとに、適切な勘定科目で適切に区分経理することがいわゆる「介護会計」基準に基づき求められている業種です。

 

 当介護事業開業経営相談室では介護事業専門の税理士、行政書士、社会保険労務士が介護会社の設立、指定申請から経営、税金、会計まで総合的にサポートします。

 

杉並区の概要

杉並区内にはJR中央線、京王電鉄、西武鉄道、東京メトロ丸ノ内線が通っています。

杉並区内のこれらの線路のうち主要な駅は高円寺駅、阿佐ヶ谷駅、荻窪駅などです。

 杉並区内の主要な幹線道路は甲州街道、青梅街道、環七通りなどです。

 

介護事業設立経営相談室は介護事業の開業、設立、立ち上げ、指定申請と、介護事業の経営や介護事業の会計(介護会計)、税金の申告を、介護事業に詳しい専門の税理士、会計事務所、社会保険労務士がワンストップで総合的にサポートします。

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

▲このページのトップに戻る